東京農業大学第三高等学校/東京農業大学第三高等学校附属中学校

メニュー

個を尊重した多彩な学び

個を尊重した多彩な学び

個を尊重した多彩な学び

学校長挨拶

何事にも全力投球! 実学教育でワクワクする農大三中へ‼

東京農業大学第三高等学校附属中学校(以下、農大三中)は、小高い丘陵や清い流れの小川など豊かな自然に囲まれています。小鳥がさえずり、四季折々の花が咲き、せせらぎが耳にやさしく聞こえています。そんな抜群の環境のなかで、農大三中の生徒は勉強や部活動、行事やイベントなど、何事にも積極的に取り組んでいます。

本校では、実学を通して論理的思考力や課題解決力を身に付けることを重視しています。そのために、「学び」に自分から飛び込んでいけるような工夫をしています。今までわからなかったことを気づかせる学び方です。なぜという問いかけを大切にしています。例えば、1年生のときに自分たちで栽培した大豆を使って味噌づくりをします。そこで発酵菌の素晴らしさを理解するのです。3年生で実施する北海道の修学旅行も、自然に問いかける実学トリップです。

本校では、グローバル教育にも力を入れています。中学3年間にわたり、週1回フィリピンの講師とオンラインで英会話をし、「聞く力」「話す力」を鍛えます。また、2年生では3日間にわたってグローバルイングリッシュキャンプを実施して、「世界基準のコミュニケーション」を体験します。さらに、フィリピン・セブ島語学研修やオーストラリア・クイーンズランド州立校語学研修をはじめとして、海外の大学への進学も視野に入れたさまざまなグローバルプログラムを用意しています。

農大三中は、校内にいつも生徒の明るい声がこだまするとても伸び伸びとした学校です。先生方も若くてとても熱心です。生徒のことを自分のことのように考え、どんな小さな相談にものってくれますし、勉強でわからないことがあれば、わかるまでとことん教えてくれます。部活動や行事、イベントにおいても生徒を支えてくれ、とても頼りになります。

農大三中は、進化し続けています。皆さんの成長を後押ししてくれるさまざまな教育活動を行っています。そんなワクワクする本校に来て、一緒に学びましょう!


東京農業大学第三高等学校附属中学校
校長  金田 喜明

ページの先頭へ