東京農業大学第三高等学校/東京農業大学第三高等学校附属中学校

メニュー

旺盛な科学的探究心

旺盛な科学的探究心

旺盛な科学的探究心

学力のタネ

可能性の芽がどんどん開く。

「学力」は、生きる上でのベースになる大事な力。頭のやわらかい今こそ、いろんな知恵や知識と出会い、吸収し、新しい未来を創るための引き出しをどんどん増やしましょう。

醸造体験、観察データの記録

本校の屋上菜園を使って、ダイズを育てています。屋上菜園の土壌整備から始め、植物が育つために必要な栄養素なども合わせて学習します。育てていく中で、理科の授業とも連動し、体験が即学びとなっていきます。最終的には、育てたダイズを農大に持っていき、味噌作りをします。また、与える窒素肥料に差をつけて比較栽培をして、自分たちの仮説をもとに生育や葉緑素量の違いなどを観察しながら検証していきます。この比較栽培を通して、仮説検証のサイクルや、観察することの大切さなど実学の基礎を学びます。

実習(稲作・畜産)、バケツで稲を育てて観察

学校近くの田んぼをお借りし、無農薬でお米を育てている農家の方の監修のもと、田植え、除草、稲刈りまでを自分たちの手で行います。事前に世界の食、日本の食への課題などについての講演も行っていただきます。また、学校でもバケツで稲を育て、品種や植え方の違いから、その成長の変化などを観察し、理解を深めていきます。畜産体験では、搾乳体験、餌やり体験などの他にも、乳牛や食用牛の現状についての話しも聞きます。講演やその体験を通して、日本が抱えている問題点を「食」を通して考え、深めていきます。

学ぶことがクセになる

農大三中の実学教育には、学ぶことを習慣化させる力があります。たとえば、社会では、系統的な学習を基礎としつつ、新聞学習、調べ学習、プレゼンテーションやディベートなどを取り入れ、さらに遺跡見学、歴史探訪などのフィールドワークも行っています。これらを通じて、自ら探究し、考察力や表現力を培い、論理的思考力を磨くのが狙いです。また、理科では、「わかるって楽しい!」という気持ちを大切にし、その気持ちを次の学びに駆り立てるように、実験を重視した授業を展開。地域での自然観察や博物館見学などの機会も数多く取り入れています。机上の学習だけでは得られない貴重な体験は、学ぶことへの関心を無理なく高め、応用のきく柔軟な思考力と実践力を育ててくれます。

主要三科目の授業数が公立の約1.5倍

農大三中の授業は、中学2年生までに、公立中学校3年間分の授業内容をすべて完了するように設計されています。授業時間数で比較すると、数学は公立の1.6倍、英語は公立の1.5倍、国語は公立の1.4 倍です。もちろん、単に授業数を増やして、早く終えるだけではありません。高校で学習する内容を先取りするような、密度の濃い独自のカリキュラムを組んでいます。

区分 中   学   校
1年 2年 3年 合計
教科 科目 標準時数 授業時数 標準時数 授業時数 標準時数 授業時数 標準時数 授業時数
国語 国語 140 175 140 175 105 175 385 525
社会 社会 105 105 105 105 140 140 350 350
数学 数学 140 210 105 210 140 210 385 630
理科 理科 105 140 140 140 140 140 385 420
音  楽 45 45 35 35 35 35 115 115
美  術 45 45 35 35 35 35 115 115
保健体育 105 105 105 105 105 105 315 315
技術・家庭 70 70 70 70 35 35 175 175
外国語 英語 140 210 140 210 140 210 420 630
道  徳 35 35 35 35 35 35 105 105
特別活動 35 35 35 35 35 35 105 105
総合的な学習の時間 50 70 70 70 70 70 190 210
総授業時数 1015 1245 1015 1225 1015 1225 3045 3695

わからない人を作らない仕組み

習熟度別授業

中学1年生から、英語、数学の習熟度別授業を行います。この2教科は、苦手意識を持ちやすいだけでなく、一度わからなくなると、授業についていくのが難しくなってしまうからです。わからない人を作らないために、1クラスを習熟度別に分割し、「わかる」ことを重視した授業を展開していきます。

サポートテスト

主要5教科を中心に、定期的に内容を振り返るための「サポートテスト」を行い、学んだ内容がどの程度身についているのかを確認します。できなかった部分を集中的に学び直すことで、その場しのぎではない「本物の学力」として、しっかり定着させることができます。

農大三中プチ自慢「放課後サロン」

個性と自主性を尊重しながら勉強への興味を深める時間

平日の放課後には、通常の授業とは別に、学習フォロープログラム「放課後サロン」を週2~3日実施しています。原則として生徒全員が参加。講習や補習を受けるほか、自習時間として活用することも可能です。講習の教科や内容は、必要に応じて柔軟に設定されます。

実施例

  • 英語講習(問題演習、GTEC受検、英検対策など)
  • 国語講習(問題演習・漢検対策など)
  • 数学講習(問題演習・数検対策・計算オリンピック 実施など)
  • 習熟度別進学講習(3年生)
  • その他、博物館研修プレゼンテーション、 醸造体験・稲作体験、実学キャリア教育講演会 など

ページの先頭へ