東京農業大学第三高等学校/東京農業大学第三高等学校附属中学校

メニュー

旺盛な科学的探究心

旺盛な科学的探究心

進路選択力のタネ

夢のつぼみが大きくふくらむ。

「進路選択力」は、自分の可能性に気づき、たくさんの夢、なりたい自分に向かって、道を切り拓くための力。目の前には無限の可能性が広がっています。何を選択するかは自由です。自分だけの夢、自分らしい夢を見つけ、自分の手で輝く未来を引き寄せましょう。

本当の自分を見つけ出す

農大三中では、キャリア教育にも実学教育が取り入れられています。実学的な考え方を身につけることで、興味を持った大学や職業、自分の将来について、また、それを実現させる方法について、自ら調べ、さらに関心を高め、深く理解する力が育ちます。たとえば、中学1年生では、自分史の作成、エゴグラム診断(性格診断)などをベースに自分自身と向き合い、中学2年生では、職業調べ、職業体験などにより職業理解を深めます。さらに中学3 年生では、大学調べ、東大での模擬ゼミ体験などを通して学問研究を進めるなど、段階的に自己理解を進めながら本当の自分を見つけ出していきます。

一緒に未来を考える

農大三中の進路指導は、生徒が主体的かつ能動的に進路選択が行えるように、実践や体験を重視した内容になっています。「進路情報センター」として中高一貫の実学キャリア教育を支えるのは、進路指導部です。中学校の教員は、この進路指導部と密に連携し、さまざまな情報提供を行っていきます。

指導内容

  • 最新の進路情報の提供
  • 生活面・学習面でのきめ細かなサポート
  • 面談形式での適切な進路アドバイス
  • 定期的な模擬試験の実施による正確な学力把握
  • 模擬試験結果に基づいた進路指導の実施

人生の先輩に学ぶ

中高の6年間を通して多くの講演が行われるのも、農大三中のキャリア教育の特徴です。中学1年生から2年生向けには、人間について考えさせられるような内容の講演、中学3年生から高校2年生向けには、大学生や社会で活躍する卒業生を講師に招いての講演といったように、進路選択のステップに合わせて講演内容も変えていきます。講演を通じて、目の前にはいろんな選択肢、いろんな人生が広がっていることを理解し、進路選択のヒントを手にすることができます。

農大三中プチ自慢「合格実績」

中高一貫教育の集大成!

農大三中の1期から3期の先輩たちが大学入試に臨み、その中で、東京大学、早稲田大学、慶應大学をはじめとする多くの最難関国立・私立大学への現役合格を果たしています。農大三中では、併設大学である東京農業大学(農大)への「優先入試制度」があり、この制度を利用して進学する生徒も少なくありません。農大を目指す人にはうれしい制度です。

第1~3期生の主な進学先

東京大学/北海道大学/群馬大学医学部(特待生)/東京医科歯科大学/東北大学/東京農工大学/東京学芸大学/埼玉大学/千葉大学

早稲田大学/慶應義塾大学/上智大学/東京理科大学/東京農業大学/明治大学/青山学院大学/立教大学/中央大学/法政大学

ページの先頭へ