東京農業大学第三高等学校/東京農業大学第三高等学校附属中学校

メニュー

個を尊重した多彩な学び

個を尊重した多彩な学び

個を尊重した多彩な学び

2019年度 始業式 校長式辞

2019年4月6日

おはようございます。今年度から農大三高・三中の校長になりました金田喜明です。よろしくお願いします。生徒の皆さんが、校長の顔と名前も覚えてくれると、とてもうれしいです。これまで、私は東京都立の高等学校や中高一貫教育校に勤めていました。私立の学校は、はじめての経験なので、ちょっと緊張しています。

今週、本校に来てから、先生方に皆さんの様子を一通り伺いました。学校行事や生徒会・委員会活動は、とてもよくやっているということで、とても安心しました。部活動は、もっとよくやっているということで、もっと安心しました。勉強は、まあまあよくやっているということで、まあまあ安心しました。

さて、明日入学式を迎えますが、今年度、農大三高の入学者数は538名、農大三中の入学者数は66名と、例年よりもかなり多くなっています。これは、昨年度、皆さん方在校生の勉学や課外活動等に全力で取り組んでいる姿を中学3年生や小学6年生が実際に見て、本校を選んでくれた者がたくさんいたからです。皆さんが普段頑張ってくれているおかげです。皆さんに感謝です。今年度、本校が、さらに良い学校となるよう、新入生も加えて生徒全員で、前向きに取り組んでいってほしいと思います。

そのために、私から一つお願いがあります。皆さんも知っている通り、本校の校訓は「不屈」「探究」「信頼」ですが、この教育理念を実現するために、今年度、皆さんには、次の3つのことを頭に入れて行動してほしいと思います。

まず一つ目、新しいことや困難なことにチャレンジし、何事にも主体的に取り組んでください。つまり、チャレンジ(Challenge)精神旺盛な生徒になってください。

二つ目、自分で考え自分で判断することができるようになってください。つまり、好奇心旺盛で創造性豊かなクリエイティブ(Creative)な生徒になってください。

最後に三つ目、自分の考えや意見をわかりやすく表現し、多様な価値観をもつ人々と協力・協働できるようになってください。つまり、コミュニケーション(Communication)能力に優れた生徒になってください。

 Challenge・Creative・Communication、この3つはいずれもアルファベットのCで始まるので、この目標を「トリプルC大作戦」と名付けます。

 私も、Communicationを大切にし、新しいことにChallengeする、Creativeな校長となるよう努力します。生徒の皆さんも、この「トリプルC」を意識して、勉強、部活動、学校行事など、何事にも全力で取り組んでください。期待しています。  

ページの先頭へ