東京農業大学第三高等学校/東京農業大学第三高等学校附属中学校

メニュー

個を尊重した多彩な学び

個を尊重した多彩な学び

個を尊重した多彩な学び

中1 山中湖オリエンテーション

2018年4月13日

​オリエンテーションを通じて団結しました

4月10日(水)・12日(木)に、山梨県の山中湖そばで、1泊2日でオリエンテーションが行われました。まず、大善寺に寄り、座禅体験をしました。ご住職から「人間は、生きていることが修業です。辛いこと・苦しいことがあるから、楽しいことがある。楽しいことばかりでは、楽しくない。」という言葉をいただきました。小学校から中学校に進学してきた1年生の胸に響いたのではないでしょうか。

180413_2_img_05.jpg

座禅体験

宿に着いてから。開校式に続き、さまざまなルールや心がまえ、中学校での学習の注意点や用意する物の話を聞き、学校生活で必要なことを知りました。

その後、「人文字アート」と「無人島からの脱出」というアイスブレイクメニューを実施しました。お題の文字を、クラスの仲間と話し合って完成させる「人文字アート」では、まだ話したことがない人と相談しながら一つの文字を協力して作ることに成功し、クラスの団結を高めることができました。写真は、クラス担任から出されたお題の二文字、「道」と「徳」です。また、「無人島脱出」では、自分の考えをまずしっかりと持ち、その上で、グループで一つの結論を導くなかで、他者の考えを尊重しつつ、自分の意見を相手に伝えるゲームをすることで、クラスの仲間との交流機会を持ち、コミュニケーション能力を高めました。

180413_2_img_01.jpg

アイスブレイク・人文字

180413_2_img_02.jpg

アイスブレイク・無人島からの脱出

2日目の午前中は、雄大な富士山の眺望が楽しめる山中湖村営キャンプ場で、富士山ネイチャークラブの皆さんによる、「ネイチャー・ラリー」を行いました。「丸太切り」「食べられる植物を探せ」「火おこし」「カモフラージュ」「ハンター」「サルの年齢当て」「足跡から動物探し」など、自然の中で生きていくための原体験や自然の理解を深めるメニューがたくさんありました。写真は丸太切りです。丸太を切る速さではなく、班員が交代で丸太を切り、その厚さの誤差を競います。ちなみにこの班は誤差1ミリでした。互いに言葉で他者とのコミュニケーションをとって楽しむことができました。

180413_2_img_03.jpg

ネイチャーラリー・はじめまして

180413_2_img_04.jpg

ネイチャーラリー・丸太切り

2日間のオリエンテーション期間中、ひとりの病気・ケガもなく、今後の学校生活を共にする仲間とのコミュニケーションをとることができ、1年生たちが、協働する一つの社会集団に育ち始めました。

ページの先頭へ